院長ブログ

さんのう健康講座「プレコンセプションケアとリプロダクティブ卵子凍結」7/22 開催のおしらせ

[山王病院・国福大]

blog image
『リプロダクション・婦人科内視鏡治療部門さんのう健康講座』

日 時:2023年7月22日(土) 14:00〜15:00(開場13:00)

場 所:山王病院 本館3階 山王ホール 完全予約制 参加無料

テーマ:「プレコンセプションケアとリプロダクティブ卵子凍結」


講 師・プログラム
 14:00〜 社会的卵子凍結とは(20分)
  名誉病院長 堤 治 医師 (リプロダクション・婦人科内視鏡治療治療部門)
14:20〜 プレコンセプションケアとは(20分)
  部長 久須美 真紀 医師 (リプロダクション・婦人科内視鏡治療治療部門)
14:40〜 卵子の凍結保存(10分)
 不妊技術室 猪鼻 達仁 胚培養士
14:50〜 質疑応答(10分)

今話題のプレコンセプションケアや社会的卵子凍結について専門家の立場からわかりやすく解説いたします。すぐに妊娠を考えておられる方にも、そうでない方にも、知っていただきたい情報が満載ですので、ぜひご参加ください。
https://www.sannoclc.or.jp/hospital/event/seminar/2023/06/27/6394/

お申込フォーム
https://www.sannoclc.or.jp/hospital/kenko_kouza_moushikomi/

2023年06月27日 15:56 [山王病院・国福大]

「社会的卵子凍結」(リプロダクティブ卵子凍結)のご案内

[山王病院・国福大]

blog image
『社会的卵子凍結』(リプロダクティブ卵子凍結)
がスタート

山王病院 リプロダクション婦人科内視鏡治療部門では、従来より医学的適応による(がん治療などに伴う)卵子凍結を実施してまいりましたが、この度リプロダクティブヘルス(性や子どもを産むことに関わることにおいて、本人の意思が尊重され、自分らしく生きられること)を守る観点から、リプロダクティブ卵子凍結としていわゆる社会的卵子凍結も開始することといたしました。ご関心のある方はリプロダクション・婦人科内視鏡治療部門にご相談ください。
https://www.sannoclc.or.jp/hospital/patient/department/repro/eggfreezing/index.html

2023年06月27日 15:41 [山王病院・国福大]

ご成婚30周年記事讀賣新聞オンライン

[医療・医学など]

blog image
「天皇、皇后両陛下はお二人での育児を体現…愛子さま出産を支えた堤医師インタビュー」
https://www.yomiuri.co.jp/koushitsu/20230608-OYT1T50277/

2023年06月09日 19:21 [医療・医学など]

番組出演:Tver 見逃し配信「皇室のこころ」

[医療・医学など]

blog image
番組出演のお知らせ
「皇室のこころ」 Tver 見逃し配信
 https://tver.jp/episodes/epuit01j2d

両陛下がご結婚されてから30年という大きな節目を迎える、2023年6月…今回の『皇室のこころ』では、お二人が出会われ、結ばれるまでの知られざる“ロマンスの舞台裏”をお伝えします。陛下はいったいどのようにして雅子さまと巡り会われ、お二人はどう愛を育まれたのでしょうか?そして、若き日の陛下がなさった「プロポーズ作戦」の全貌とは?
さらに後半ではご結婚から今日に至るまでの30年の道のりをふり返り、両陛下と愛子さまの“絆の物語”をお伝えします。雅子さまご出産の主治医が明かす「愛子さまご誕生秘話」や、旅行中のほほえましい「ご家族団らんシーン」、そして初公開写真が明かす「愛子さまと盲導犬の絆」など…秘蔵エピソード満載でお送りします。

2023年06月07日 15:55 [医療・医学など]

番組出演のお知らせ『ご成婚からご成婚から30年 天皇皇后両陛下の歩み』

[医療・医学など]

blog image
番組出演のお知らせ
下記日程にて、『ご成婚からご成婚から30年 天皇皇后両陛下の歩み』 が放送されます。
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=38837

日時:2023年6月 9日 21:45〜NHK BSプレミアム
   2023年6月11日 07:45〜NHK総合テレビ

天皇皇后両陛下のご成婚から6月9日で30年を迎える。当時天皇陛下は33歳、皇后さまは29歳。結婚の儀に続いて行われたパレードには20万人が詰めかけた。その8年後には、長女の愛子さまが誕生された。しかし、お2人の道のりは平坦なものではなかった。皇后さまが体調を崩されのだ。天皇陛下は療養生活に入られた皇后さまを支え続けられてきた。お互いを思いやりながら国民に寄り添われてきた両陛下の30年を振り返る。

皆様、ご覧いただければです。

2023年06月07日 15:55 [医療・医学など]

このページのTopへ戻る