院長ブログ

ねんきん

[その他]

blog image
「ねんきん特別便」のことはブログでも何回か触れました。

今日は「ねんきん定期便」を社会保険庁から頂戴しました。てっきり、先日提出した報告により過去の記録漏れがなくなり、昭和51年から今日までの加入履歴が完成したというお知らせかと思い、念のため内容を確認しました。

目を疑うというのはこのことでしょうか。目に入ったのは

(空いている期間があります。)

(空いている期間があります。)

(空いている期間があります。)

昭和52年から54年、55年から56年、57年から平成20年まで最初は東京都地方公務員、後の二つは東大勤務の期間です。正しい申告で、加入期間が増えるのはわかりますが、減るのはなぜでしょう?

回答票には正しい記載をして社会保険庁にお送りします。ご担当の方、ぜひ、よろしくお願いします。

2009年05月26日 23:58 [その他]

続々帝王切開

[医療・医学など]

blog image
先日、前回帝王切開の取り扱い方をブログに記しました。該当する患者さんもご覧になってよくわかったとおっしゃってくださいました。

前回帝王切開で、今回も帝王切開をしようとお腹をあけて子宮をみると子宮の筋肉が薄くなって、赤ちゃんが透けてみえることがあります。そんなときは、つくづく帝王切開を選択してよかったとホッとします。

つい最近、子宮の壁が薄いというより欠損していて、セロファンのような膜の向こうに赤ちゃんの髪の一本一本がはっきり見える前回帝王切開を経験しました。通常は子宮はメスで切開するのですが、とっさにメスをとらず、鉗子で触ったところ孔があき、そこを拡げて無事赤ちゃんを出産することができました。

お母さんも、赤ちゃんもお元気で、予定日より早めに帝王切開してよかったと胸をなでおろしました。

2009年05月25日 23:47 [医療・医学など]

blog image
今日は拙宅で誕生会ということで、孫二人も参加し、皆様と楽しい時間を過ごすことができました。弟の方が泣き出すと姉もつられておお泣きするのをみていると50年以上前のことを思い出しました。

赤ん坊の弟と留守番をしていて、弟が泣き出し、泣き止まず、自分も悲しくなって泣いてしまったのです。帰ってきた母に心細かっただろうと慰められたのか、兄なのだからしっかりしろと叱られたのかどうしても思い出せませんが、、

2009年05月24日 23:47 [プライベート]

バラ

[花と緑]

blog image
帰宅すると玄関に綺麗なバラが届いていました。これも誕生月のご利益かと嬉しく有難いことです。しばらく室内で観葉し、開花が一段落したら、屋上のどこかに席を用意しようと思います。

2009年05月23日 23:36 [花と緑]

ラジオインタビュー続き(子宮内膜症)

[医療・医学など]

blog image
RIOさん:では続いて「子宮内膜症」についてお伺いします。「子宮内膜症」は、どのような病気ですか?

私:子宮の内側にある子宮内膜という組織が、子宮以外の場所で発育するある意味不思議な病気です。チョコレート嚢腫といって卵巣が腫れる場合が少なくありません。

RIOさん:こちらは、自覚症状はありますか?

私:生理痛がだんだん強くなります。月経の時以外の腹痛や腰痛、頭痛を訴える人もあります。

不妊症の原因にもなります。

RIOさん:どういう人たちに多い病気ですか?

私:20代後半から30代の女性で、妊娠出産の経験のない方に多いということができます。

不妊症との関係も深く、腹腔鏡でお腹の中を調べるとおよそ50パーセントの方にみられます。

RIOさん:治療法は? また、完治する病気ですか?

生理痛には痛み止めを処方します。ピルを飲んでもらうこともあります。

私:偽閉経療法といって、ホルモン剤で月経をとめる方法もありますが、更年期症状などの副作用もあるのでむやみに繰り返すことはできません。

手術療法が必要になる場合もありますが、その場合は腹腔鏡をお勧めします。

手術で全部除去しても、数年後に再発する可能性はあります。

RIOさん:これら2つの病気、最近の傾向としては 増えているんでしょうか?

私:最近これらの月経に関連する病気が増えているのは間違いありません。その理由として、月経が始まる年齢が昔より低下したこと、妊娠、出産の高齢化によって、若い年代で月経を経験することが増えたことがあげられます。

(環境ホルモンの関与も指摘されています)

RIOさん:最後に・・・これらの病気の予防法として、普段から心がけられる事はありますか?

私:なかなか難しい質問ですが、「ご自分の健康や女性の体の仕組みにもっと関心を持って頂きたいと思います。」

「生理痛が強いときは生理だからと我慢しないで、医者に相談することも大事です。」など心がけて頂きたいと思います。

以上概要をお示ししましたが、私のブログをご覧の方には当たり前のことかもしれません。しかし一般の女性は意外に情報が乏しいので、「授かる」や「女性の病気と腹腔鏡」以外にもっと分かりやすいポイントを絞った本の企画も考えています。ご期待ください。

写真は子宮内膜症の腹腔鏡手術です。

2009年05月22日 23:43 [医療・医学など]

Prev  Next 

このページのTopへ戻る